サイトM&Aとは

サイトM&Aとは、企業や個人が所持しているウェブサイトやウェブサイトを構成するコンテンツを『商品』として売買することを言います。ここでは、サイトM&Aの歴史やメリット・デメリットを皆さんにお伝えしたいと思います。ぜひ、参考にしてくださいね。

サイトM&Aの歴史

日本では1995年秋に有名なオペレーションシステム(OS)が発売された事をきっかけとして、インターネット人口が急激に増え出しました。しかし、1990年代のインターネット人口は今と比べてまだまだ少な…

Read more

サイトM&Aのメリット

ウェブサイトは売ったり買ったりする事ができ、これをサイトM&Aと呼びます。企業が他社や部門を買収したりする行為もM&Aと呼びますが、この行為をウェブサイトに置き換えたものがサイトM&Aです。自分が…

Read more

サイトM&Aのデメリット

売却する側のデメリット

長く運営してきたメディアを売却すると巨額の利益が得られるため、サイトM&Aサービスを通じて売却を試みようとする個人または企業が激増しています。しかし、デメリットを知らずに安易に売却してしまうと、後から後悔する場合がありますので注意が必要です。例えば、一度作って軌道に乗ったサイトに広告を挿入すると、更新に時間がかからないのであれば毎月ほとんど何もしなくても口座に安定して報酬が振り込まれます。つまり、サイトを運営して広告で副収入を稼ぐというスタイルは株式投資などと比べて遥かに収入源として安定しています。そんな中、安易に売ってしまうと無職になって新しい仕事が見つからないような場合に、安定した副収入を得られず苦しむ事になります。そんな状況の中でパニックに陥る人もいるため、もし売却する場合は職を失った場合の事なども考えて、決して安売りしない事が重要です。

購入する側のデメリット

既存のサイトを購入した場合、引き続きユーザーに愛され続けるためにはどんなに大変でも人気コンテンツを更新し続けなければなりません。自分達で一から立ち上げる際は、更新に時間がかからないサイトにする事も可能ですが、忙しい中で更新にかなりの時間を取られてしまう可能性があるのはデメリットです。そのため、どんな人気サイトでも毎日更新に相当な時間がかかるサイトの場合は購入を見送るのも手でしょう。また、購入したサイトの中で更新に時間がかかる人気コンテンツをリニューアルで削除してしまうと、一気に人気が落ちる可能性があります。それにより、当初は3年で購入資金を回収できる計算だったものが、10年かかってしまうような事も起こりますので安易なリニューアルには注意が必要です。

サイトを上手に売るためには

売却金額の設定

サイトM&Aを利用して自分のサイトを誰かに譲渡することになった場合、なかなか交渉が成立しない最大の原因は売却価格の設定に大きな開きがあるからです。買い手側の心理としてはできるだけ安い価格で良いサイ…

Read more

売却するタイミングの決定

サイトを売るタイミングとしてお勧めの1つに人気が安定する前の伸びている時期があります。サイトを購入することを希望している人は購入を考えているサイトの注目度合いを必ずチェックしています。人気があるサ…

Read more

返信は可能な限り早く!

優良なサイトは売上や集客力が高く、それらのサイトを購入してビジネスに生かしている人がいます。購入したい人がいるなら売却したい人もいて個々に取引するときもありますが、最近は仲介業者のサービスを利用す…

Read more